歴女がゆく!

歴女がゆく!

  • 尚之助さんも通った道をゆくvol.3

    さてさて本日のコースは、出石高校手前の材木町から一本道をまっすぐ通り谷山の方まで歩きます。
    京都や江戸に出る、鯵山(あじやま)峠までだんだん近くなってきましたねー!

    2013_12_20.jpg

    材木町とはその名の通り、江戸時代大工など木に関わる職業の方が多く暮らしており、大名行列が通るルートでもあったそうです。

    2013_12_20_01.jpg

    この真ん中の道を「下にぃ〜、下にぃ」と言いながら通って行ったのかな?尚之助さんも通るとき、知り合いなんかに声をかけたのかしら・・・。

    少し歩くと「経王寺」が見えてきます。
    2013_12_10_07.jpg

    このお寺はお城の東口を守る一つのポイントのお寺とされていたそうでよく見てみると、銃口を出す口が壁に見られますよ〜!
    2013_12_20_02.jpg

    外観もお城のような作りですね。今はほとんど塗り固められてしまったけど、川に面した壁の側面にはもっとたくさんの銃口の穴があったようです。

    2013_12_04.jpg

    本堂はこのお城のような建物の奥に隠れるように建っています。


    出石高校を通りすぎたところにあるのが『石部神社』千年も前から生きているヒノキが立っています。

    2013_12_10_13.jpg

    少し、話はそれますが・・・わたくし、個人的にもここの神社はすごくオススメです。季節的には4月5月頃、ヒノキの不思議なパワーにつられてか、、、そこでたくさん写真を撮りました。
    観光客の方々もあまりいらっしゃらなくて、静かで心地よい風が体の中を通るような、心が穏やかになるような、そんな気持ちになったのを覚えています。

    2013_04_30_02.jpg
    こちら、4月の神社の様子。サワサワ優しい風が通っていました〜。

    rei.jpg

    ヒノキの緑が本当に奇麗でした〜。




    ハッ!本題に戻ります・・・。

    2013_12_10_01.jpg
    川見さんと昔の地図を見ながらたどる旅、、、続きますよー!

    『石部神社』の横の道・・・は通らずに昔の道を通ります。

    2013_12_18.jpg

    今は一般家庭のある横の通りを歩きます。
    川に落ちないように・・・よろよろ・・・


    2013_12_19.jpg

    それで、、、ココ!ここの曲がり角に、番所(通行人や荷物を検査する所)があったとされています。
    今は面影がありませんけどね。


    さてそこからまたずんずん一本道を歩くと、キレイに化粧されたお地蔵さんが見えてきました。

    2013_12_10_18.jpg

    ここで出石を出てゆく人、出石に入ってゆく人の安全を見守っていてくれているかのようです。

    お地蔵さんに手を合わせ、一息ついたら再び、歩き出します。



    次回へつづく

    2013.12.20