歴女がゆく!

歴女がゆく!

出石に惚れた男に会いに。

なにやら、男前の館長が案内をしてくださると聞いて
わたくし、いそいそと100年の歴史がある永楽館へ。
平成20年に改修された、現存する近畿最古の芝居小屋です。

こちらが永楽館の館長、赤浦毅さん。
実はお会いするまでもっと年配の方を想像していました。
お年はまだ30代とのこと。
ご出身は神戸、育ちは大阪とお聞きし、思わず
「なんで、ここで館長をされているのですか!?」と質問しました。
結婚してお子さんができたのを機に、奥様の里、出石に来ることを決めたそうです。

赤浦さんは、大学を卒業後、神戸の古着屋さんに就職。
服以外にアメリカやヨーロッパのアンティークも扱う専門店だったそうです。
そこで店長を務め、アメリカに買い付けへ渡るなど、第一線のバイヤーとして活躍。
昔から"古いもの"に魅力を感じていたのだとか。
...にしても、やっぱり異色の経歴ですよねえ。

「初めて出石に来た時、青年部の方たちが地元を盛り上げようと懸命にされている姿に感動したんです」と赤浦さん。
地元の子どもたちが、大きな声で挨拶してくれることにも驚いたそう。
「小さな町だから、人と人とが繋がっていられる温かさを感じて、ここに住もうと決めました」
自分の子どもをこの土地で育てたいと強く思ったそうです。

出石に来たタイミングで、たまたま町づくり公社に応募があり、それを受けて今に至る、とのこと。
様々な、事柄とタイミングがマッチングしたんですね。

赤浦さんの口からは、出石の魅力がわんさか飛び出してきます。
本当にこの町が好きなんだなぁ・・・
ここで生まれた私としてはやっぱりうれしい!

現在、赤浦さんは"八重の桜"を勉強中だそうで、新撰組にハマっているのだそうです。
そんな館長に、来週はいよいよ永楽館内を案内していただきます!
あー楽しみ!!

2013.3.2