歴女がゆく!

歴女がゆく!

出石の緑 vol.2 だるまに会いに

2013.5.18-0.jpg

本日も好天なり!

新緑を楽しみつつ、久しぶりに川崎尚之助の菩提寺、願成寺を訪れました。

2013.5.18-1.jpg

まずは向かいに建っている尚之助さんの碑に手を合わせ...

ん?

こ、これは...

2013.5.18-2.jpg

碑の下にお線香をあげられる場所ができているではないですか!

2013.5.18.jpg

八重の桜オリジナルのお線香まで...へえ、さくらの香りが...

お線香をあげて手を合わせた後、お賽銭を入れると、不思議な音色が返ってきました。

どうやらお賽銭箱の中に仕掛けがあるようです。

2013.5.18-3.jpg

願成寺は、大永5年(1525)に創建された刹。

1570年代に此隅山(豊岡市出石町宮内)から移設されたそうです。

2013.5.18-4.jpg

その長い歴史を刻む山門は、豊岡市指定文化財に登録されています。

ここは私にとってポスター撮影をした思い出深い場所。

2013.5.18-5.jpg

先代のご住職をモデルに彫られたというこのだるまと見つめ合う(にらみ合う...?)シーンを撮影しました。

最近、観光客の中に、ポスターと同じ構図で写真を撮って行かれる方がおられるとか。

そんな噂を耳にして、とってもうれしい気分です!

実は、願成寺には山門の前以外にも数体のだるまが置かれているんです。

2013.5.18-6.jpg

鐘撞き堂にも。

2013.5.18-7.jpg

表情豊かで、なんだか今にも動き出しそう。

ご住職にお会いし、本堂の中のだるまも見せていただけることに!

っとと!

今回はここまで。

次回、本堂のだるまとご住職のお話をご紹介いたします☆



「日新館」館長が川崎尚之助と会津教育を語る!!

来る6月1日(土)、出石永楽館にて、會津藩校「日新館」館長の宗像精(むなかたただし)氏の講演会が開かれます。

川崎尚之助の会津での活躍や日新館教育についてなど、どなたでも参加できますので、ぜひ足をお運びください。

詳しくはこちら

2013.5.18