歴女がゆく!

歴女がゆく!

出石焼の窯元へ vol.2

13.9.13-1.jpg

控えめだけど存在感のある形とデザイン。
お家でもお店でも、いろんな場所にしっくり合いそうです。

これらは四代目永信さんの息子さん、永澤仁さんが作られたもの。

13.9.13-2.jpg

仁さんは愛知県立芸術大学に在学中、スペインの陶芸家クラウディ・カサノバス氏の作品と出会い、衝撃を受けたそうです。
卒業後、恩師のつてで、スペインのカサノバス氏の工房で修行を積むことができました。
地球をまるごと「焼物」と捉える発想力、表現力に強い刺激を受けたそうです。

約1年半の留学を経て、出石へ帰郷。

以後、出石で制作活動を続け、毎年名古屋や関西で個展を開かれています。

13.9.13-3.jpg

原料は白磁の出石焼と同じ、柿谷陶石。

13.9.13-9.jpg

出石の柿谷地区でとれる良質の陶石です。

 

13.9.13-7.jpg

出石のギャラリーには、仁さんの作品と4代目永信さんの作品が並んでいます。

13.9.13-5.jpg

兵庫県文化賞や日展で数多くの受賞歴をお持ちの永信さんの作品。

13.9.13-6.jpg

白雪焼と称されるマットな質感の出石焼。

うっすらと浮かぶ繊細な彫刻が印象的です。

次回へ続く...


2013.9.14