歴女がゆく!

歴女がゆく!

  • 夏目前! vol.1 てっせん寺

    植物が生き生きと茂り、そろそろ夏の訪れを感じてまいりました。

    今日は、"てっせん寺"と呼ばれている出石町魚屋の本覚寺へ!

    13.6.1-2.jpg

    13.6.1-3.jpg

    こちらでは、昭和50年に10鉢のてっせんから始まり、今では500余種のてっせんとクレマチスを育てていらっしゃいます。

    毎年見頃に一般開放され、自由に見学させていただけます。

    お庭には、近くの谷山川からひいた清水が流れ、なんとも涼しげ。

    ずらりと並んだ鉢も見応えがあります。

    品種によって開花時期が少しずつずれているそうなので、訪れる度に楽しめそうです。

    13.6.1-1.jpg

    色も形も実に様々。

    同じてっせん、クレマチスでも、品種によってずいぶん雰囲気が違うんだなと、驚きました。

    それがよくわかるのが、本堂の天井。

    13.6.1-5.jpg

    境内の154種のてっせん・クレマチスの写真が組み合わせてあり、圧巻です!

    お寺の方に、「ぜひ寝転がって眺めてください」といわれ、しばし...

    心が落ち着く不思議な空間でした。

    ぜひ体感してみてください。

    今年は6月9日まで無料開放されています。

    2013.6.1

    ちょっぴりご紹介!

    川崎尚之助のこと、知りたい!もっと知りたい!という方へ。

    図書館出石分館(豊岡市役所出石総合支所内)で閲覧できる『会津人群像』がおすすめです。

    13.6.1-4.jpg

    尚之助の会津籠城戦での勇ましい戦いぶりを、新島八重が女学校宿舎の舎監時代に、女子生徒に聞かせていたなど、気になるエピソードが満載。

    読めば尚之助の人物像にぐっと近づけるはず。

    ぜひ!

     

  • 夏目前! vol.2 川崎家のご子孫に...

    13.6.8_1.jpg

    先日、出石グランドホテルにて出石藩川崎家のご子孫、川崎修さんと妹のちづ代さんにお会いする事ができました。

    お二人は現在東京にお住まいですが、帰郷の折、食事に誘っていただきました!

     

    「いやぁ~、ずっとお会いしたかったのです!」と修さんに言われ、「私もです!」と興奮気味に答えてしまいました。

    お二人とも気さくに話してくださって、会話が弾みます。

    13.6.8_2.jpg

    尚之助さんのこと、出石のこと、お仕事のこと...話は尽きません。

    13.6.8_3.jpg

    豪華な、お料理を囲んで話題は、『不思議な縁』について。

    尚之助のことを調べるうちに、必然のような偶然が重なっていったのだとか。

    もしかしたら、私と尚之助さんもどこかで繋がっているかもしれない。

     

    帰りに、外で、記念撮影。

    13.6.8_4.jpg

    きれいでおしゃれなちづ代さんとダンディーな修さんに挟まれて少し緊張。

    そしてなんと!ちづ代さんからお土産をいただいちゃいました。

    今東京で人気というお菓子と、ちづ代さんがデザインされた帽子をいただきました。

    (ちづ代さんは帽子デザイナーです!)

    13.6.8_5.jpg

    いつもベレー帽をかぶっているから...とお心遣いをいただき、こんなに素敵な帽子をいただけるなんて!

    可愛いヒョウ柄のリボンは取り外して好きな位置に付けられるようになっています。

    嬉しくて早速かぶってみました。

     

    どうですか?なかなか似合ってる!(自画自賛)

    これをかぶって出石散策を楽しむぞ!

    13.6.8_6.jpg

    修さん、ちづ代さん、どうもありがとうございました!

    2013.6.8