歴女がゆく!

歴女がゆく!

  • 永楽館 vol.02 ~会場入りの前にもわくわく~

    まず、靴を脱いで入るとすぐに目に飛び込んでくるのがこの絵。

    歌舞伎のポスターの役割になるのだそうです。
    昔の人たちはこんな魅力的なポスターに、さぞ心躍らせたことでしょう!
    一枚一枚手描き。金粉も使われていて豪華。
    この絵を見て演目を想像するのも一つの楽しみになりますね。

    お次は、看板。

    この文字や看板、右から一枚目は『主演』、二枚目『奇麗どころ』、三枚目『おちゃらけキャラ』の順番に配置してあるのだとか。
    『君は二枚目だね!』や『三枚目キャラだ』なんて言葉はここからきているんですって。
    字体は太く丸く、隙間なく内へ内へと書かれ、これは"内へ内へと客を呼び込み、興行の無事円満を祈る"という意味が込められているそうです。
    そして看板の上部分は『入り』の文字になっている!
    一つ一つに意味が込められていて、知れば知るほど面白いですね。
    今ではパソコンのフォントにも『勘亭流』ってありますよねぇ、なにかイベントを開催するときはこの文字を使ってもいいかも。
    縁起がいいからたくさん人が集まってくれるかもしれませんよ。

    会場に入る前から、盛りだくさんの濃いお話。
    ただただ、感心していると・・・
    んん?会場中から威勢の良い声がする!
    今日は何か演目があるんですか?赤浦さんにお尋ねしたところ、
    3月14日に行われる出石落語笑学校の『わいわい亭』で披露する落語を練習されているとのこと!
    わわ!ちょっと覗いてみたいー!
    次回は会場入りです。

    2013.3.9